NEW BRAND "ART SCHOOL"


こんにちは、岩崎です。



本日はNEW BRAND "ART SCHOOL"のご紹介です。




【ART SCHOOL(アートスクール)】

イーデン・ロウェス(Eden Loweth)とトム・バラット(Tom Barratt)が立ち上げた、ロンドン発のユニセックスブランド。
ラグジュアリーファッションで現代的なクィアネスを探求し、「レディ・トゥ・ウェアの再定義」を目指している。





2017年秋冬シーズンから4シーズンに渡り、若手デザイナーによる合同ファッションショー「ファッション イースト(FASHION EAST)」に選出されるなど、いま再注目のブランドです。








デザイナーのイーデンとトムは、大学時代のパーティで出会い、お互いに惹かれ合い、そして恋に落ちた。



ART SCHOOLもその延長線上に過ぎず、公私共にパートナーであることは、ふたりにとってごく自然のこと。



ユニセックスブランドは他にいくつもあるが、ART SCHOOLというふたりの作品は、二分化されないジェンダー・アイデンティティをベースに、他とは異なる独特のクィア・スタイルを前面に打ち出している。










イーデンとトムはトランスジェンダーのひとたちが生きる「変身」と「進化する身体」という概念に共感することが多い。



ふたりは「ジェンダー」の位置付けの中でも違う地点にいて、その「ジェンダー」という曖昧だからこそ重要な意味を持つ概念が、作品作りに大きな影響を与えており、誰にでも着てもらえる服を作っている。








「自分たちの人生を映画にするとしたら、どの女優に自分を演じてもらいたい?」という問いに対して、イーデンはケイト・ブランシェット、トムはルーニー・マーラというこのふたりの答えが、ふたりの関係性やART SCHOOLというブランドを物語っている気がします。

(映画「キャロル」をご覧ください。)





注目ブランド「Art School」について知っておくべき10のこと










是非、店頭とオンラインでご覧ください。




ART SCHOOLのアイテムはこちらです。







CANNABIS

音楽・ファッション・アートを切り口にアウトサイダー(異端児)達の集まる場所を目的としたセレクトショップ。

0コメント

  • 1000 / 1000